岡山ジーンズを世界ジーンズへ 岡山デニム協同組合の挑戦

Excellent DENIM to the WORLD!

2013/08/14

7月、東京は渋谷。 岡山デニムブランド7社の合同展示会「DINNOVATION(ディノベーション)2013A/W」がCreme de la crèmeで行われた。

DENIM OKAYAMA

この展示会を行っているのは、岡山県内のデニム・ジーンズ企業で構成される岡山デニム協同組合だ。2012年にスタートし、組合員を増やし活動している。

DENIM OKAYAMA

展示会の中、代表理事の浜本氏に突撃インタビューした。

DENIM OKAYAMA

― 岡山デニム協同組合として、具体的に今どんな活動をされているんですか?

○首都圏に向けた展示会を定期的に行うこと

○組合員にとって情報共有の場をつくること

○高品質なデニム作りを認定するための品質基準をつくること などを行っています。

― なぜ、こういった組合を立ち上げられたのですか?

世界一品質の良いデニム商品、デニムづくりはどこだといったときに、それは岡山であるということを世界にもっと強く伝えていきたいんです。

DENIM OKAYAMA

岡山デニムや高級デニムなどは、最近 海外デニムや低価格デニムに押されて 苦戦が強いられている といったような声を聞きますね。確かにそういった見方もあるかもしれません。でも今私たちが戦っていこうとしているのは、決してそういった部分に対してではないんですよ。

DENIM OKAYAMA

価格の違うものと比べたり、特定の基準で差別化させたいわけではなく、あくまでこの岡山という地域が生み出すデニム商品は「良いでしょ」「本格的なものづくりでしょ」ということを、世界のみなさんにストレートに伝えたいだけなんですよね。 中小ジーンズメーカーが力を合わせることで、少しでもこのメッセージを世界に発信していければと考えています。

― まず展示会について教えてください。

DENIM + INNOVATION = DINNOVATION(ディノベーション) デニム産業の革新 という意味で名づけました。 各社がそれぞれブースを設けて、生地、染色、裁断、縫製、加工などの技術を生かしたオリジナル商品を、首都圏のデパートや洋品店のバイヤーなどに売り込んでいきます。

DENIM OKAYAMA

各ブランドとも、技術とこだわりを持ったものづくりをしていますが、首都圏に向けてこういった展示会を一社だけで行うことはなかなか難しいですよね。そこで、協同組合というまとまった形でそれを可能にしよう ということですね。 デパートや百貨店、洋品店などのバイヤーさんに、各ブランドが売り込むこと、その場でビジネスが発生せずとも、その後にビジネス発展させていったり、二次的な人脈作りにも繋げていくことができます。

DENIM OKAYAMA

それに組合という集合体で展開することで、ブランド単独の場合より、バイヤーさんやメディアさんに覚えたり、アプローチしてもらうチャンスが増えると感じています。

2013A/W 展示会出展ブランド

■倉敷天領デニム・ストライクゴールド http://www.klax-on.net

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

■デニムクローゼット http://denimcloset.jp

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

■ピュアブルージャパン http://www.purebluejapan.jp

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

■ブルートリック http://www.bluetrick.co.jp

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

■暁ジーンズ http://ital-akatsuki.ocnk.net

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

■ハイロック http://highrocks.net

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

■SENIO http://www.senio-second.com

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

― 次に、情報の共有について教えてください。 そうですね。組合に参加することで、他ブランドとも、自社の想い、悩み、目標なども共有しやすいですし、1社ではできないようなアイデアも出てきたりするんですよね。

DENIM OKAYAMA

組合にこれから入ろうとされるブランドさんの中には、おそらく、まだ店舗を持っていなく、売る場所がないというブランドさんも結構あるはずです。仮に店舗を開いたとしても、まず知名度のないところから、売っていかなければいけないですよね。

DENIM OKAYAMA

卸先を見つけてアピールするといった卸営業の仕方、初歩的な手続きの仕方、基本的な流れなど分からないことが必ず出てきます。 そういった部分を共有することができれば、それは組合に入るブランドにとってとてもありがたいことだろうと思います。

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

組合は、何もせずにブランドを立ち上げたり、売れる状況や卸先を勝手に提供してくれるというようなものでは当然ないですけど、お互いに基本的な部分はどんどん共有しながら、成長していけばいいと思っていますね。

DENIM OKAYAMA

最終的には各ブランドが力をつけ組合を利用しつつ自立していけること、卒業してもらえることをゴールにしていきたいですね。

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

立ち上げたばかりのブランドさんなどにも、どんどん入ってきてもらって、良い意味で苦しみ、より成長してける場となれればうれしいです。 そうすることで、組合自体もノウハウやネットワークも蓄積され、良い循環になっていくと思っています。

DENIM OKAYAMA

― 岡山デニムの品質基準 をあらわす 下げ札 について教えてください。 はい、品質基準をクリアした商品に対して組合が認定するという意味の共通の下げ札です。 今その基準を深く考え、策定していっているところです。

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

デザイン・裁断・縫製・染め・加工、またメンズ・レディースなど、品質の考え方には実に多くの定義付けが必要です。当然 一筋縄ではいかない難しいものですが、その品質基準を少しずつでも確実に進化させていきたいと考えています。 この基準を甘くするつもりは全くありません。ISO などと同じ考え方ですね。むしろ厳しくしっかりしていくことで、各ブランドの意識も、一般の方の意識も高まり、本当の意味で高品質なデニムとは何かを考え、知ってもらえると思っています。

DENIM OKAYAMA

DENIM OKAYAMA

ブランドや工場などにも嫌がられることもあるかもしれませんし、極端な話 どのブランドも設定した品質基準をクリアできない状況だってあるかもしれません。でもそのくらい厳正な基準にしていくことで、デニムづくり全体のレベル向上を目指したいと思うんです。今後、規定・規約を確定させ、定期的に見直し進化させていく予定です。

DENIM OKAYAMA

この基準取得が組合員の加入条件ということではありません。強制することはないですが、もちろん啓蒙はしていきます。

DENIM OKAYAMA

― 今後の新たな展開について教えてください。 徐々に、商談や成約も増えていっています。 展示会に加えて今後もさまざまなコラボレーションなども行っていきたいと思っています。 百貨店などでの即売会、インターネット上での販売、大学とのコラボなども予定しています。

DENIM OKAYAMA

― 最後に一言お願いします。 岡山ジーンズは、世界中の多くのデニムクリエイターには認知されていますが、一般にはまだまだ認知されていません。「世界一のジーンズをつくるのであれば、ぜひ岡山のこだわりのものづくりを見てください」と世界に言えることを目標に頑張っていきます。

DENIM OKAYAMA

今回は、岡山デニム協同組合さん主催の展示会に突撃させいていただきました! デニムの技術・商品は決して世界に負けない 世界基準はここ岡山である この確固たる自信と信念で 世界に真正面からぶつかっていく 岡山デニム協同組合。今後も応援しております!

Other interview